ECODESIGN online PILOT

パイロットでどのように作業をするか?

 


パイロットには基本的に二つの領域があります: learn apply.
実行可能な領域は以下のようにハイライトされます:

learn / apply

もっと多くの情報が必要であれば、こちらに切り替えます learn.
エコデザインのチェックリストはこちらです apply.

エコデザインを使用してあなたの製品を改良したいですか?

ここを選択しなさい improvement.
これはエコデザインパイロットの応用を指向したアプローチです。
  1. 製品を五つの基本タイプ(A-E)の一つに割り当てなさい。
  2. 改良の目標を選択し、製品の改良に対する2から3の適切な戦略を決定しなさい。
  3. チェックリストを印刷し、チーム(!)でそれらを徹底的に検討しなさい。
  4. 高い優先度と低い実行リスクを持つエコデザイン方策を見つけ、それらを最初に実施しなさい。

新製品の開発においてエコデザインを考慮したいですか?

ここを選択しなさい development.
これは新製品開発のための方法です。
  1. あなたが現在位置する製品開発段階を選択しなさい。
  2. あなたが取り組んでいる問題を選択しなさい。
  3. この段階で検討すべきエコデザイン要求のリストが得られます。
  4. あなたの製品に関連した要求を同定し、製品開発にそれらを組み込みなさい。

エコデザインについてもっと学びたいと思い、あなたの製品にどのような影響を与えるか知りたいですか?

ここを選択しなさい product life.
ここは、エコデザインの知識を増やすところです
  1. 関心のある製品のライフサイクルの段階を選択しなさい。
  2. そこにリストアップされた環境側面の一つを選択しなさい。
  3. この環境側面とライフサイクル段階に関連したエコデザイン方策のリストが得られます。
  4. “相互依存”のところで、あなたが見ている方策に関連した他のエコデザイン方策を見つけられます。この接続関係によって、全てのエコデザイン方策の関係を認識しなさい。

top 設計・著作©ウイーン工科大学、工学設計研究所-エコデザイン