ECODESIGN online PILOT

プロセス材料の種類と量の最適化

改良 <- B:製造集約型 <-

できれば再生原料からのプロセス材料を使いなさい

再生可能な原料を用いることによって、従来の補助材料やプロセス材料(普通は化石原料から作られる)の使用を控えることができる。再生可能な材料は、普通植物から作られ、既に、代替材料として入手可能であり多数の事例に適用されている(潤滑剤、着色剤など)。


可能な限りプロセス材料をリサイクルしなさい

補助材料やプロセス材料の消費は、リサイクルすることによってかなり削減できる。金属加工においては、冷却剤や潤滑剤のリサイクルは既によく実施されている。同様に、他の補助材料やプロセス材料(例えば、水)はリサイクルできる(例えば熱回収と併せて)。結果として、廃棄物、廃水、排出物を最少にする製造が実現できるだけでなく、コストを削減できる。


環境に受容可能な補助材料やプロセス材料を使用し、危険な材料を避けなさい

生産に用いる補助材料やプロセス材料は、従業員や環境に対して起こりうる危険を最小にするために環境的に受容可能なものでなければならない。毒性物質(毒性物質の表を参照)は避け、環境的に有害な材料を特定し、それらを代替材料で置き換えなさい。


top 設計・著作©ウイーン工科大学、工学設計研究所-エコデザイン