ECODESIGN online PILOT

チェックリスト - 製品のアセスメント

製品

その製品は分解に対して自明の構造を持っていますか、もしくは、分解のための説明書がありますか?
  
  
どのような手順が製品の分解に必要ですか?守らなければならない一連の手順が指示されていますか?関連した情報をどのように伝えますか?
関連性 (W) アセスメント (A) 優先順位 (P)
重要度高 ( 10 )
重要度低 ( 5 )
関係なし ( 0 )
肯定 ( 1 )
やや肯定 ( 2 )
やや否定 ( 3 )
否定 ( 4 )

P = W * A
方策 製品の修理に関し、自明の構造にするか説明書を確実に用意しなさい
アイデア
コスト
それ以上
同じ
それ以下
理由
実行に伴うリスク

理由
行動
即刻
後日
実行せず
責任
最終期限


その製品のそれぞれの部品に容易に近づけ、容易に交換可能ですか?
  
  
製品のどの部品が最も修理の必要性が高いですか?それらの部品は製品のどこに配置されていますか?それらに容易に近づけますか?部品交換にどのような分解作業が必要ですか?これらの部品へのアクセスを容易にすることができますか?
関連性 (W) アセスメント (A) 優先順位 (P)
重要度高 ( 10 )
重要度低 ( 5 )
関係なし ( 0 )
肯定 ( 1 )
やや肯定 ( 2 )
やや否定 ( 3 )
否定 ( 4 )

P = W * A
方策 修理や交換のために部品に容易にアクセスできるようにしなさい
アイデア
コスト
それ以上
同じ
それ以下
理由
実行に伴うリスク

理由
行動
即刻
後日
実行せず
責任
最終期限


その製品の修理に必要な予備の部品は容易に入手可能ですか?
  
  
どの部品が最も修理される可能性が高いですか?どの部品が破損、故障し、磨耗しえますか?これらの部品に対する予備部品が入手可能ですか?
関連性 (W) アセスメント (A) 優先順位 (P)
重要度高 ( 10 )
重要度低 ( 5 )
関係なし ( 0 )
肯定 ( 1 )
やや肯定 ( 2 )
やや否定 ( 3 )
否定 ( 4 )

P = W * A
方策 予備部品を入手可能にしなさい
アイデア
コスト
それ以上
同じ
それ以下
理由
実行に伴うリスク

理由
行動
即刻
後日
実行せず
責任
最終期限


製品は標準部品から構成されているか、兄弟機種に共通で使用できる部品から構成されていますか?
  
  
どの部品が機能的に等価であるが、異なった寸法を持ちますか?これらの違いの理由は何ですか?どのような設計方策で部品を標準化できますか?
関連性 (W) アセスメント (A) 優先順位 (P)
重要度高 ( 10 )
重要度低 ( 5 )
関係なし ( 0 )
肯定 ( 1 )
やや肯定 ( 2 )
やや否定 ( 3 )
否定 ( 4 )

P = W * A
方策 部品を標準化するか、製品の兄弟機種に同じ部品を用いなさい
アイデア
コスト
それ以上
同じ
それ以下
理由
実行に伴うリスク

理由
行動
即刻
後日
実行せず
責任
最終期限


その製品は各部品の再生や修理のために材料を十分大きくしてありますか、そしてそれは固定、計測、調整を可能にする手段を用意していますか?
  
  
その製品を再生するとき、どの部品を再加工しなければならないですか?どうやったら、設計段階で再生を考慮に入れておくことができますか?再生のためには、設計上どのような前提条件を考慮しておかなければなりませんか?
関連性 (W) アセスメント (A) 優先順位 (P)
重要度高 ( 10 )
重要度低 ( 5 )
関係なし ( 0 )
肯定 ( 1 )
やや肯定 ( 2 )
やや否定 ( 3 )
否定 ( 4 )

P = W * A
方策 磨耗した部品の再加工性を保証しなさい
アイデア
コスト
それ以上
同じ
それ以下
理由
実行に伴うリスク

理由
行動
即刻
後日
実行せず
責任
最終期限


その製品の製造に再生部品が使用されていますか?
  
  
製品のどの構造部品が特に価値がありますか?どの部品がリユースできる可能性がありますか、またリユースすべきですか?部品のリユースを可能にするために、どのような方策が必要ですか?
関連性 (W) アセスメント (A) 優先順位 (P)
重要度高 ( 10 )
重要度低 ( 5 )
関係なし ( 0 )
肯定 ( 1 )
やや肯定 ( 2 )
やや否定 ( 3 )
否定 ( 4 )

P = W * A
方策 できれば予備部品として再生部品を使用しなさい
アイデア
コスト
それ以上
同じ
それ以下
理由
実行に伴うリスク

理由
行動
即刻
後日
実行せず
責任
最終期限



アセスメントの方法:
  1. 関連性:
    あなたの製品に関し、ここのアセスメントの質問との関連性を評価する(10…私の製品にとって重要性高い;5…私の製品にとって重要性低い;0…私の製品にとって関係が無い)
  2. アセスメント:
    アセスメントの質問(大きな字)に対して答えなさい (肯定/やや肯定/やや否定/否定);詳細な質問(小さな字)がアセスメントの質問をより良く理解するのに役立つ。 これらの質問には答える必要は無いが、アイディアを考えるときに役に立つ。
  3. 優先度:
    値W(重み付け)と値A(アセスメント)の積により優先度Pが計算される。
  4. アイディア:
    方策を実施するためのアイディアを記述しなさい。
  5. コスト:
    方策を実施するために必要な時間、経済的コストを現状との比較で求めなさい。
  6. リスク:
    方策を実施して失敗するリスク(技術的課題、....)を概略で求めなさい。
  7. 行動:
    方策をいつ実行するか(即刻、後日、実行せず)を決めなさい。そして製品の改良を実現する責任者または部署を決定し、最終期限を設定しなさい。

 

top 設計・著作©ウイーン工科大学、工学設計研究所-エコデザイン

製品の修理に関し、自明の構造にするか説明書を確実に用意しなさい

簡単に修理できることが、長く使用するための一つの前提条件である。この目的のためには、分解するために構造が自明になっていなければならない。これによって、正しく簡単に分解できる。もし必要ならば、分解手順に関する情報を示す説明書が助けになる。説明書の主目的は、修理作業のための分解をできる限り明確で単純に記述することである。


修理や交換のために部品に容易にアクセスできるようにしなさい

製品の長寿命化のために修理を容易に行うには、修理や交換する部品に容易に近づけなければならない。多くの場合、設計者は単純な組立にだけ集中し、その逆である分解をしばしば無視する。この結果、部品を交換しなければならないときに、過大な経費がかかる。すべての部品に簡単に近づけるようにすれば(洗濯機の例)、磨耗した部品の取り出しと交換が容易になる。


予備部品を入手可能にしなさい

修理作業が成功するためには、予備部品が容易に入手可能でなければならない。調達が困難な特殊な部品があると、簡単な修理作業が基本的に不可能になる。そのため、製品の予備部品を十分に在庫しておくことが重要である。


部品を標準化するか、製品の兄弟機種に同じ部品を用いなさい

分解後に部品の選別を簡単にするために、部品を標準化しなければならない。似た機能を持った部品や組立品は、その構造、寸法、材料を同じにすべきである。はめあい寸法や締結方法を標準化すれば、組立や分解作業において容易なハンドリング(異なった工具数の削減)が行える。これは製品の兄弟機種に使われている部品にも当てはまる(予備部品とリユース部品の可用性)。


磨耗した部品の再加工性を保証しなさい

製品や部品を再生、リユースするためには、設計を十分大きめにしておき、固定、計測、調整ができる手段を用意しておかなければならない。似た方法がエンジンで知られている。エンジンでは、シリンダーをホーニング(研磨)により再生するが、この工程は材料が大きいことが必要である。これは修理だけではなく製品のリユースも可能にする(車の再生タイヤの例)。


できれば予備部品として再生部品を使用しなさい

修理作業のときに必要な予備部品として製品内の部品をリユースするか(通常一般に行われている)、新しい製品の製造に再生部品としてリユースすることは、循環を実現する重要な方策であり、資源の効率を最適にすることができる。長期使用を目的に設計された構造部品は、製品寿命の2、3倍保ち、製品全体の環境影響削減に貢献する。