ECODESIGN online PILOT

B:製造集約型

改良 <-

タイプB:製造集約型

生産工程においてエネルギーと材料の使用を削減しなさい

異なった製造方法は異なった環境影響を与える。同じ製品の生産に対しても、必要な資源とエネルギーの量は製造方法により異なる。環境破壊はしばしば不適切な生産工程から生ずる。
生産に必要なエネルギーや材料の量を減らせませんか?
代替エネルギーを使用することができませんか?
生産工程において補助材料やプロセス材料の消費を無くすか、減らすことができませんか?

-> 製造におけるエネルギー消費の削減

目標:生産プロセスの最適化、再生可能エネルギーなどによって生産工程全体のエネルギー消費を削減する。

-> プロセス材料の種類と量の最適化

目標:生産プロセスでのプロセス材料消費に起因する環境影響の削減(循環化など)


生産工程で使用される材料をより効率的に使用しなさい

生産工程での材料の最適な使用は、廃棄処分の費用だけでなく、材料の調達費用も削減する。
生産工程で生じる廃棄物や排出物をさらに減らせませんか?

-> 製造における廃棄物を削減する

目標:材料の効率的利用、リサイクルなどにより生産における廃棄物を削減する。


外注した材料や部品の購入

製品の対環境性は他の製造者から購入する部品の性質にも依存する。
環境に健全な製造ができるように材料や部品を調達することができますか?
外部から部品を調達する際に輸送の必要性をさらに減らすことできませんか?

-> 外注部品のグリーン調達

目標:環境に優しい部品の購入


製品をできる限り集約的に使用しなさい

製品を最適に使用すれば、製品内に含まれている価値ある資源を効率的に使用できる。これは資源を経済的に使用する重要な方法である。
製品の取り扱い方法、機能、そして製品(と部品の)全体の性能をさらに改善することができませんか?
製品の機能や稼動時の安全性を定期的に検査することによって、製品の寿命を延長することができませんか?

-> 製品使用の最適化

目標:適応性、人間工学などによって製品のユーザビリティを高める。

-> 製品機能の最適化

目標:アップグレード性、多機能性などにより機能性を向上させる。

-> メンテナンスの容易化

目標:磨耗予測などによるメンテナンスの容易化


長期間にわたり製品を使用しなさい

製品の長期使用によって、個々の部品を効率的に使用できできる。修理が容易であれば製品の早すぎる廃棄を防ぐことができる。
寿命をさらに延長することができませんか?

-> 製品寿命の延長

目標:寸法変更、表面設計などにより耐久性を高める。

-> 補修性の向上

目標:部品のアクセス性、分解性、交換性などを改善する。


部品や製品をリユースしなさい

使用後に製品を再生したり、生産工程において多くの投入量を必要とする部品をリユースすれば、コスト集約的な新規部品の製造をしないですむ。
製品(もしくは、部品)を回収し、必要ならそれらを分解することは可能ですか?
多くを投入した部品を再生し、それらを新製品でリユースすることが可能ですか?

-> 分解性の向上

目標:製品の回収を可能にし、(締結の変更などによって)分解性を向上させる。

-> 部品のリユース

目標:アクセス性、再生性などを向上させ部品リユースを可能にする。

top 設計・著作©ウイーン工科大学、工学設計研究所-エコデザイン